意外な反応をしているファンもいるがこの意見も

先日の朝日新聞でアメリカ大リーグが今年から敬遠を「申告制」にすると言う話題がありましたがファンの対応が大きな反響を呼んだ。
それは反対派が多くを占めたと言う事になる。

これはアメリカ大リーグが試合時間を短縮の為に敬遠を申告制にしようと言う事で今年から導入をする事になっていた。
しかし、ファンの対応が反発をしている事がわかったと言う。

この敬遠を申告制にする事でツイッターでは「賛成派」は少なかったと言う。
逆に反対派が多く占めていまして「投げないで歩かせる。野球ではない」等こうした厳しい意見もあった。

日本みたいに敬遠球を打った事はアメリカでもしている事もあったと言う事でこうした事を楽しみにしているファンも多いと言う。
試合時間を短縮するのには他にもあると感じるファンもいると言う事になる。

こうした発見もある中で敬遠を申告すると言うのはどうなのか賛否両論となってしまったかも知れないと言う事になる。
来季以降には日本でも導入があると思われていますがこの様な事も日本でも議論が起きそうだと思う。

プロ野球機構にはまずはファンと話し合いをした方がいいと思っているのです。