仲間入りできるか心配だった公園刊行評定

私の息子は、健康が大きかったせいか動き出すのが意外と短く、1年齢経たずに駆け始めました。公園執筆も1年齢過ぎてヨチヨチ歩きの頃に連れて行きました。
依然、滑り台やブランコなどの遊具には乗れなかったので、単にお砂場試合に熱中していました。おんなじ家のこどもも居て、みんなで仲良く持ってきた遊び道具を貸しあいながら遊んでいました。
公園では子供達を見守りながら、母親達が話し合いをはかり気晴らしをしてコミュニケーションを図っていました。私もダディーの転勤で他の土壌から引っ越して来たばかりだったので、話し相手が養育の不安も甚だ軽減することが出来ました。
もうすぐ、滑り台などの遊具を払えるような年齢になると、遊具の取っこが始まりました。仲間はずれにされないように気を使い、親同僚が上手に間に入りました。
母親達としてもおもしろい季節でしたが、とりあえず創傷をしたり恐ろしい事が有ったら一大ので、陳述に集中にならず眼は離せませんでした。