男性と上手につき合うには「男脳」の行動形態を理解することが大切

脳の思考パターンが男性的な「男脳」は、医学的にいろいろ論議されているようですが、男の私が勝手に考えている「男脳」の行動形態をお伝えします。

「男脳」の人が、ひとりで物思いにふけることがあるのは、頭を空にするために必要なリラックスの時間であり、心配事があるわけではありません。

相手の言葉どおり受け取ってしまう「男脳」の人は、言葉の深読みができず、遠回しな表現を察知できません。 そのため、はっきり言ってもらわないと、会話だけで気持ちを理解することができません。

何か問題が起こると、誰かに共感と安心を求める女性は、愚痴を言ってしまいます。 しかし、問題の解決を最優先する男性が、解決の邪魔になる愚痴を嫌うのは、決して相手を無視しているわけではありません。

長時間の会話が苦手な「男脳」の人は、長時間の会話に疲れてしまい、頭の動きが止まってしまうことに加え、悲観的なことを言われると、思いのほか気にしてしまいます。

「男脳」の人は、「自分のお気に入りがいちばん最高」と思い、他人に「ゴミ」と言われても手放せず、アドバイスなども耳に入りません。

男性同士で褒め合うことがほとんどないため、たとえ些細なことであっても、女性から褒められると嬉しい男性の内心は、「もっと褒めてほしい」と思っているでしょう。

「男脳」の行動形態を正しく理解すると、男性と接するとき、問題が発生せずうまくいくかもしれません。ミュゼ 予約 間隔