火山のことと古生代などについて学業をした

火山の素行に関して教育しました。セント・ヘレンズの火山は、1980時世3月ごろから火山性の地震がくりかえし起こり、山頂四方ではこぶ状の固まりが徐々に成長していきました。午前、異様な震動が生じ、こぶの斜面に土砂くずれが起こりました。俄然、噴煙が2先からのぼり、大きな音質がしました。地すべりが起こり、噴火口が同時に変わりました。火山灰・湯煙を主とした噴煙が山全体をおおいつくしました。このことは、わずか25秒間の素行だったそうです。こういう噴火は湯煙破裂と考えられています。そうして、古生代などにおいて教育しました。同時代の他の生き物が死滅したり、モデルやがたいが変わっていく中で、変わらず生き残って要る生き物を、生きている化石とよんである。シーラカンス(魚類)は、デボン紀〜白亜紀に栄えました。オウムガイ(軟体エクササイズ)は、古生代に栄えました。カブトガニ(甲殻集まり)は、石炭紀に栄えました。ゴキブリは、3億時世前からちっとも変わっていません。メタセコイヤ(裸子植物)は、1945時世に生木が発見されました。更に細かく引っかかるなと思いました。