二人を見て去る者は追わず来るものは拒まずを思い出した

最近、去るものは追わず来るもの拒まずという諺が気になるのでした。まず去る者ですがそれはここへきて欧州移籍が決まりそうなガンバ大阪の宇佐美選手と重なります。
過去に十代でドイツへ移籍したもの定着できずに古巣のガンバに戻った時はもう二度と海外へ行くことはなさそうだと思ったものですが、意外にも本人は行く気満々だったようで、やはり日本を代表する選手ですからこのままでは引き下がれないと再チャレンジのタイミングを狙っていたのでしょうか。
アウグスブルグはあまりパッとしないドイツのクラブですが日本人でも十分レギュラーを勝ち取れるレベルのチームなので、再び欧州で素晴らしい経験をして一回りも二回りも成長してもらいたいものです。
宇佐美選手が去る人ならセレッソの蛍選手は戻って、来る者と重なってしまいます。
移籍したハノーバーではうまくいかなかったらしく、おそらく他チームからのオファーもなかったのでしょう、半年で戻って来るというとあまりに早い帰還なので、かなり失敗感及び通用しなかった感が漂ってしまいますが、そのような打ちひしがれたような者であれ暖かく迎えなさいと、その諺は教えてくれているように思えるのでした。銀座カラー全身脱毛 予約